BLOGブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 子どものための建築と空間展に行ってみました

子どものための建築と空間展に行ってみました

 

幼稚園、小学校の建物の歴史が

わかるような展覧会でした。

 

どの時代も子どもたちのことを考え、

その時代に沿った建物になっていることに

感心しました。

 

大正、昭和の初期は木造校舎、

昭和40年代以降は鉄筋コンクリート造となり、

最近は再び木造、若しくは

木造と鉄筋コンクリート造の併用が

考えられるようになってきているようです。

 

木と触れ合うことが

子どもの教育にも良いと言う思想が

反映しているようです。

 

美術館なので写真が撮れないのが残念でしたが、

建築家の仕事ってすごいなあと感じる

作品ばかりでした!