BLOGブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 加湿の大切さ

加湿の大切さ

新しい事務所に移ってから

3週間になります。

 

温度はいつも25℃前後を維持しています。

が、夕方になると足元が寒い感じがしていました。

 

放射温度計で床の温度を測っても

23℃くらいなのでそんなに低くないのに

なぜだろう・・・。

不安な気持ちでいっぱいでした。

何が問題だろうか・・・。

何か失敗したのだろうか・・・。

 

そんな不安な気持ちの中、

勉強したことを思い直してみました。

 

そして、湿度が低いことが原因ではと考えました。

確かに湿度が40%を切って30%台になっています。

 

そこで洗濯物を干して部屋の湿度を

上げようとしました。

 

結果は、ぜんぜん上がりません。

洗濯物はあっという間に乾きますが、

湿度は思ったように上がりません。

 

家族が住んでいるわけでなく、

自分の洗濯物だけなので量が少ないかもしれません。

 

こうなったら、加湿器で加湿をするしかない。

と思い、早速、加湿器をを購入しました。

 

「完璧!」です。

 

暖かさの質がぜんぜん違います。

同じ25℃でも、

湿度30%台と50%台では

全く感じ方が違います。

 

50%の時のやわらかい暖かさが最高です!

 

ますます、事務所から外に出たくなくなりそうです。