百年の家project

「人」と「家」と「暮らし」が百年長持ちするように。百年の家プロジェクトを進めています。

billboard(100年の家project)

百年にこめた、想い。

deco03

百年の家の特長ってなに?

住まい手の健康を第一に考えたお家です—

家の環境は、住まい手の健康に多大な影響を与えます。
化学物質によるアレルギーやシックハウスなど、主に子どもを中心としたアトピーやぜんそく、そして、ご高齢の方が暑さ寒さを我慢して暮らしたり、室温の違い(ヒートショック)から起きている脳卒中。近年これらの実態が統計として顕著になってきています。百年の家は、人生百年に向けて子どもから大人まで、住まい手の健康を第一に考えた家です。木や自然素材で大工が手作りすることを基本とし、部屋の温熱環境(断熱性)、結露対策、耐震性能を高めて、ご家族が長い間健康に、そして安心して暮らせるための家です。

4photo01
4illust024illust034illust04
家全体に良質空気を循環させるパッシブな断面と平面—

家の中心に大きなダイニングキッチンを配する、2世代住宅として部屋数を確保する、家族の一員であるペットとの暮らしを楽しむ、どれもが住まい手さんが描く独自のライフスタイルです。百年の家は、住まい手さんのライフスタイルを実現するための「自由設計」はそのままに、家全体で良質な空気を循環させる仕組みをつくります。パッシブな発想の配置計画、吹き抜け、断面、換気システムと気密性、そして地熱利用を高度にバランスさせた仕組みで、良質空気を家全体に循環させます。

エネルギー効率を高めた省エネ住宅へ—

年間を通してお部屋の湿度を50%に、冬場の室温は23度に、夏場の室温を27度に、この快適さを年間光熱費12万円前後で実現させることが(※)、百年の家の基本性能です。多くの方が夏の暑さと冬の寒さを我慢して心がける省エネ。百年の家は、我慢せずに快適に暮らすことができる家です。これを実現できるのは、次世代省エネ基準をベースに、温熱・断熱性能を高めているから。家の性能に左右される健康。家づくりを通じで一人でも多くの方々の健康を育んでいきたいと考えています。(※建物の規模によって若干変化します)

コラム1

家全体の配置について

家は真南に向けて建ててはいけません。常識を覆すようなアドバイスですが、これには理由があります。ご興味のある方は、右のコラム記事をお読みください。

配置計画図

地中熱も利用して、家全体でキレイな空気をまわす。

地熱は外気に影響を受けにくいため、年間を通じて一番安定している熱源です。
冬はあたたかく夏はひんやりした地熱エネルギーを利用しない手はありません。夏・冬とも外気との差が約13度ある地熱を利用すれば、冷暖房費を軽減することができます。このエネルギーを無理なく(地中深くに設備を設けるなどの過度な工事を施すことなく)床下から取り入れて、家全体の熱効率を高めていくことも百年の家の特長です。

コラム2

セントラル換気システム

地中の熱を家全体に循環させるセントラル換気システムを導入します。排気口を床下に設けることも特長。ご興味のある方は、右のコラム記事をお読みください。

換気システムズ

プランは自由につくれるの?

はい、自由設計です。

家づくりは、ご家族のライフスタイルをカタチにするものです。家は、ご家族それぞれの想いと価値観そのものです。だからこそ、自由設計でなければいけません。世界でただ一つの家、唯一無二のプランを描くお手伝いをしています。

オススメは吹抜け+リビング階段–

子どものいるご家庭には、ご家族の気配を感じ取れるプランをお勧めしています。その一つのカタチが、吹き抜け+リビング階段を家の中心に配した家です。家事の中心となるキッチンとリビングに、階段と吹き抜けが共存し、家全体でご家族の声や気配が感じとれる家。子どもが小さいときは間仕切りを設けず、成長ととも間仕切りを設けられる「スケルトンインフィル」の発想も大切です。

4illust09

百年の家を見学することができますか?

はい、建設中の現場をご案内します。

現在建設を進めている百年の家は、2世帯住戸です。荒引工務店から車で5分程度の場所で、建設を進めています。住まい手さんのご協力をもとに、施工現場を随時見学することができます。
見学を希望される方は、下記の電話番号にお電話をいただくか、メールフォームからお問い合せください。百年の家の見学会や現場の進捗状況は、下記のブログでも配信していますので、ご確認ください。

4illust10
4illust11
百年の家の「見学」に関するお問い合せメールでのお問い合せ
百年の家project
百年の家projectBLOG もっとみる comment
2016.05.29 熊本地震

熊本に行ってきました。   震災から1か月以上経っていたので、 生活は普段と変わらないように見受けられました。   コンビニや商店は普通に営業していましたし・・。   被害の大きかった益城町の住宅街に入っていくと 景色が変わっていました。  ・・・・・続きを読む。

21世紀型の産業・社会への転換
2016.04.06 21世紀型の産業・社会への転換

日本CLT協会の方の講習を聞きました。   19、20世紀型の産業は鉱物資源を採掘し、 それを利用して産業を興してきました。 それに伴い、沢山のCO2を排出して 環境破壊の一因となってきました。   21世紀型の産業は再生可能な資源やエネルギーを利用し、 CO2の・・・・・続きを読む。

ローンシミレーションや手続きもサポートしてくますか?

はい、サポートいたします。

フラット35、50、35S、住み替え支援ローンなど、各種住宅ローンのシミレーションや手続きもサポートしています。右の表に各種ローンの特長を記載していますので、ご参考にしてください。

各種ローン(融資)の種類

フラット35
返済終了までの金利・ご返済額を一定額に確定する住宅ローンです。
フラット35S
省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅を取得する際に、「フラット35」の金利を一定期間引き下げられる制度です。

フラット50
長期優良住宅の認定を受けた住宅について、償還期間の上限を50年間とし、金利・ご返済額を一定額に確定する住宅ローンです。
住みかえ支援ローン
満60歳以上の・高齢者向け返済特例制度です。最大1,000万円まで融資を受けることができます。

※上記の他、民間金融機関による住宅ローンもありますので、お気軽にご質問ください。

土地を探していただけますか? 建て替え時の仮住まいを紹介していただけますか?

土地の取得もサポートいたします。

用途地域や接道など建築基準法上のこと、そして近隣の学校・病院・商業施設など、暮らしの利便性なども念頭に置き、不動産会社と連携して、志木市、富士見市、朝霞市周辺の土地をご紹介いたします。お気軽にお問い合せください。

借り住まいもサポートいたします。

建て替えや住み替えの時に意外と出費が掛かってしまうのが仮住まいです。
荒引工務店は、自社で仮住まい用の住宅を所有しています。
間取りは3LDKですので、お子さんのいるご家庭でも十分にご対応可能ですので、
お気軽にお声がけください。

仮住まい住居の地図

各種助成金の申請に対応してくれますか?

はい、対応いたします。

家づくりには、是非、各種助成金を利用することをお勧めします。新築では「木の利用」に関する助成金、「地産地消を促す」助成金、「一定以上の住宅性能に対して行われる助成金」などがあります。助成金は、新築のみならずリフォームや耐震診断についても、市や町、国がその時々の住宅政策として行っています。荒引工務店は、絶えずこれら各種助成金の情報を収集し、申請やサポートを行っています。

各種助成金の種類

木材利用ポイント

地域の木材利用ポイントを付与し、地域の農林水産品等と交換できる制度です。

地域型住宅ブランド化事業

地域工務店等と地域材等の資材供給や設計・施工などで構築され、良好な共通ルールを定めていることが認められ採択されたグループに所属している工務店が、住宅建設の費用の一部について補助が受けられ制度です。荒引工務店は、同制度で採択を受けた「埼玉いえづくりネットワーク」に属しています。

長期優良住宅

一定の性能基準を確保した住宅(=長期優良住宅)であれば補助又は他の条件を組み合わせた補助を受けることができる制度です。

保証制度について、教えてください。

当社は国土交通省大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人株式会社住宅安心保証に加盟しており、まもりすまい保険が適用されます。

原則10年間の瑕疵を保証する保険です。保険は当社負担で加入しております。

まもりすまい保険の概要

保険の仕組み

本保険は、住宅の瑕疵担保責任を履行するための資金確保措置の一つとして、工務店が加入する保険です。
万が一何かしらの理由で工務店側にて瑕疵の補修等が行われない場合に、住まい手様に直接保険金が支払われるものです。

保険の対象となる基本構造部分

柱、基礎等の構造上主要な部分と外壁、屋根等の羽水の進入を防止する部分

保険期間

原則として10年間が保険期間となります。

deco03

百年の家に関するお問い合せはメールでのお問い合せ