荒引工務店
ピックアップ│NEWS│2017.07.17百年の家
pickup

埼玉 住まいEXPO2017 へ出展します!

deco02

8月19日(土)、20日(日)に行われる 埼玉県内の最大級の住宅展示会に出展することとなりました。 会場に入場するためには招待券が必要です。 ご興味のある方は招待券をお送りいたしますので、 ご一報ください!  ・・・・続きを読む。

BLOG

もっとみる
来年4月から不動産・・・
photo
工務店にできること・・・
photo
deco03

手を入れながら住み継いでいく356日の家守

手を入れながら、家を守り続ける

昔の大工は、自治の場における活動として、火消しや山車づくりなどを行っていました。普請においては、その町に住むものはその土地の大工を使うのが暗黙のルール。これにより町の中でお金が循環するという相互扶助が生まれ、大工は恩返しの精神で自治の場の役割を担ったのです。今でも大工や鳶が祭礼に参加しているのは、この慣習の残りです。人口が減少し高齢化が進む社会では、地域に新しいカタチの相互扶助が必要です。これからの時代においても、家を守り続けることは、地域の暮らしの安心・安全を支える大工の使命です。

photo
photo

365日、駆けつける

ご家族が成長し、ご自身も加齢することで家に求める機能は変わります。これらの変化はある程度予想できることです。しかし、自然災害や突然の不具合は予想できません。台風や地震による不安、突然の漏水や設備機器の故障などは突然起こります。荒引工務店は、小さなエリアを守る地域密着工務店です。365日、日を問わずに起こる自然災害や突然の不具合に対応しています。

deco03

百年の家project

illust

由は、そのまま

家は「家族でつくる」ものです。自分たちの未来を描き、自分たち流の暮らしをデザインすることが家づくりの基本です。この過程で育まれた価値観が暮らしを豊かにしていきます。これを実現するためには、自由設計であることが前提となります。「百年の家project」で建てる家は、決められた型ではなく、ご家族に合ったプランニング(自由設計)でつくる家です。

康・省エネ・長持ち

健康寿命を延ばすこと。(節約を心がけ、冷暖房を使わずに暑さ寒さを我慢している方が多いですが、我慢は、健康であり続けることの弊害です)暮らしが長続きするように、家計を圧迫しない省エネ性を実現すること。そして、建物そのものを長持ちさせること。この全ては、これからの家づくりの基本となります。「百年の家project」はこれをカタチにする家づくりです。