ブログ
ブログ一覧ブログ
2018.04.11

地鎮祭

ー

モデルハウス兼事務所の工事を始めるにあたり、地鎮祭を行いました。

 

いつもお世話になっている神主さんが執り行ってくれましたが、

事務所も兼ねているので商売繁盛の祈願もしていただきました。

 

それを聞いていると、何かこのプロジェクトが成功するような気がしてきました!

 

 

 

2018.01.08

明けましておめでとうございます

ー 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

平成30年を迎え、気持ちを新たに頑張ろうと思います。

経営理念を定め、新しい事務所を建設し、

荒引工務店が地域の皆様に必要とされる会社になれるよう、

社員一同頑張ります。

 

皆様のご理解、ご協力をお願いいたします!

 

 

 

2017.07.30

既存住宅インスペクション

ー 既存住宅インスペクション

来年4月から不動産取引において既存住宅のインスペクションが

義務化になります。

 

これは中古の建物の売買を行う際に、

その住宅の現況についてインスペクションするかしないかの確認を

売主、買主双方にすることが義務化されるようです。

 

必ずインスペクションをしなくてはならないと言うことではないのですが、

買主さんにとっては安心して購入する指標になるのではないかと思います。

 

インスペクションを行うことができるのは

「既存住宅状況調査技術者」のみとのことです。

 

以前からこの資格を持っていましたが、

制度が変わってしまったので、移行講習を先日受講し、

ようやく登録証が届きました。

 

インスペクション業務を仕事にするつもりはあまり無いのですが、

お得意様から依頼を受けたり、相談されたときに対応できるように

準備だけは整えておきました。

 

日々、変化していく政策に対応するのに必死です・・。

 

2017.07.17

工務店にできること

ー 工務店にできること

工務店にできることは沢山あります。

新築はもちろんですが、外壁の塗装工事や床の張替え工事、

壁紙の張替え、お風呂の交換、などなど・・・。

 

数百万円や1千万円を超えるリフォーム工事がある一方、

10万円以下の修繕工事の相談を受ける事が結構あります。

 

これは大手にはできない仕事なのかなと思います。

お施主様もちょっとした工事を誰に頼んだら良いのかわからず、

困ってしまっているのが現状です。

 

先日も、介護福祉士さんから連絡をいただきました。

「介護を担当している利用者様から、

『軒の修繕工事をお願いしたいが誰に頼んだら良いかわからない』と

相談されて、荒引さんにお願いしたいのだけれど、やってくれますか?」

とのこと。

 

伺ってみると築40年くらいの建物にお年寄りが独りで暮らしていました。

「もう、建て直すことも無いのだけれど、修理はしたい」とおっしゃっていました。

本当は足場を組んで外部の塗装などをしたほうが良い建物でしたが、

それほど予算はないし、後、何年住むかわからないから

最低限の修繕工事で良いと言われて、考えてしまいました。

 

どこまで治したら良いのかの判断が難しいのです・・。

また、高所作業は危険なため本当は足場を組んで仕事をしたいところです。

 

いろいろな思いを振り切って、最低限の仕事をすることにしました。

作業が終わるとお施主さんは喜んでくださったので

良かったと思いました。

 

 

2017.04.20

畳交換が・・・。

ー 畳交換が・・・。

 

畳交換の依頼を受け、古い畳を外してみたら

下地の板が割れてしまっていました。

 

急遽、下地の張替を社長が行いました。

緊急な工事に対応できるのも弊社の強みです。

 

P1070455

 上の写真は既存の板を全部はがしたところです。

思った以上に根太が細くて驚きました。

 

P1070457

根太の間を補強しました。

 

P1070458

新しく下地を張りました。

施主様からは「畳を敷かなくても良さそう」と言う言葉をいただきました。

今度はしっかりとした床になりました。

 

2017.04.16

熊本地震から1年

ー 熊本地震から1年

あれから1年・・。

 

テレビでは特集が組まれていて「そう言えば1年かあ・・」と

被災者でない我々は、そう思い出します。

 

テレビから流れる被災者たちの現状や、気持ちを思うと、

住宅供給者である我々がしなくてはいけないことが見えてきます。

 

20170416184729090_0001 20170416184800044_0001

 

私も約1年前に熊本へ足を運び、被災の状況を目の当たりにしてきました。

耐震性能を意識した家づくりをもう一度、再認識したいと思います。

 

2017.04.16

スマートウェルネス住宅等推進事業

ー スマートウェルネス住宅等推進事業

住宅供給者が気にしなければいけないデータが報告されました。

20170416182900897_0001

断熱性能の低い昔の住宅に住んでいる高齢者は

血圧上昇により様々な病気になりやすいようです。

 

P1070411

 

ちょうど今、居室を改修する工事をしていて、断熱工事を併せて施工していました。

工事費は予定より高くなってしまいましたが、

きっと、快適で健康な暮らしをしていただけると思います。

 

 

これからも信念を持って工事を勧めたいと思います。

 

2017.04.10

入学式

ー 入学式

桜が間に合って良かったですね!

天気も良くて、最高の入学式です。

 

私の子供はもう高校生なので関係ないですが・・・(笑)

 

弊社が小学校のそばなので、毎年この光景を目にします。

 

地域の目で子供たちを見守っていきたいと思います。

2017.04.09

職人技!

ー 職人技!

改めて職人技ってすごいなあと思います。

左官屋さんの作業を見ていて、

いとも簡単に平に壁を仕上げていきます。

垂直な壁にトロトロのモルタルを塗りこむのですが、

上手に鏝を使っています。

P1070414

一度、自分でやってみましたが、モルタルがボロボロと落っこちてしまい、

なかなか塗り込めませんでした。

 

職人の技術を継承することも

建築に携わる私たちの仕事だなあと思います。

2017.04.01

ショールーム打ち合わせ

ー ショールーム打ち合わせ

キッチンのリニューアルを考えていらっしゃるお施主様と

ショールームへ行きました。

 

「新しいキッチンに取り換えたい」と言う希望はあるのですが、

「何をどのようにしたいのかは、わからない」とのことでしたので、

実際のキッチンセットを見に行って考えることにしました。

 

いくつか展示されているキッチンの中で

「このキッチンが良い!」と、気に入ったキッチンが見つかりました。

そのキッチンをベースに、細かい部分を現在の使い方に合わせて決めていきました。

 

打合せを進めていくと、今回の改修するポイントが見えてきました。

第一は収納の充実でした。

現在のキッチンは物が沢山あって、乱雑になってしまっているところを

改善できるキッチンにしたいという希望が見えてきました。

 

ショールームに置いてあるキッチンの引き出しを開けてみると

実際にキッチンで使用する調理器具や調味料、食材のストックなどが

入っていて、何をどこにしまえば良いかイメージしやすいようになっています。

 

今までのキッチンは扉が開き戸になっていましたが、

現在のキッチンは引出式になっているので収納量が増えるようです。

 

食器棚も提案してもらい収納が充実するキッチンになりそうです!